前へ
次へ

東京にある賃貸の不動産物件は本当に高いのか

東京エリアには、賃貸の不動産物件は沢山あります。
東京は非常に便利ですし、そのエリアの物件を検

more

賃貸の引っ越しをする時に不動産業者に相談

賃貸物件に住んでいると、引っ越しが検討される事もあります。
生活スタイルの変化に伴い、別の不動

more

買う事もできる賃貸の不動産物件のメリット

マイホームと賃貸の物件は、よく比較されています。
両者の大きな違いの1つは、保有権です。

more

不動産売買それぞれでかかる税金

不動産売買に関しては、売る・買う両方とも税金がかかると知っていましたか。
買うときにかかる税金としてもっとも有名なのが、消費税です。
消費税はどんな物を購入してもかかるようになっており、税率は時期によって異なります。
次にかかる物として有名なのは印紙税です。
なお、印紙税は売る・買うどちらでも必ず課税される物となっていますので、注意しましょう。
ただし、売る・買うどちらになるかによって、かかる印紙代が異なるといわれています。
次にかかる税金は登録免許税です。
不動産を買ったり住宅を建築する時に行う登記代といえます。
登録する時にかかりますが、登録した物件の価格によって、多少税金の金額が異なるのは事実です。
登記を行う場合、司法書士に依頼することになるため、依頼料金もかかることを忘れないでください。
司法書士にかかる費用と、冬季にかかる費用は別になるため、前もって見積もりを取り寄せておくことが大切です。

棟方志功-版画から「板画」へ-

あの画家の絵がきっと見つかる

フィギュア生産のお見積もりを当社では無料で行っています

福岡にある24時間365日相談への対応が可能な探偵事務所

売買の中で売るときにかかる税金としては印紙税だけではありません。
住民税や譲渡所得税がかかります。
ただし、住民税や譲渡所得税は、条件が多数存在していますが、不動産を売った時、手数料を含めて売った事で利益が出ないのであれば、支払う必要はありません。
どんな税金でもかかると思っている人が多いですが、実は税金はかからないこともあると知っておいてください。
売った代金から必要経費を除いた分と、特別控除を指し引いた金額が儲けにつながる場合には、課税対象となります。
一般的には売った代金から買ったときの物件の代金と手数料を引いて、更にある程度の条件によって生じる特別控除額を差し引いた額が、課税譲渡所得です。
なお、買ったときの代金は、物件を買ったときの値段から減価償却費を引くことで算出されますので、通常通り買ったときの金額としてではなく、経年によって家の価値が落ちた金額を差し引いた物となっているため、忘れないでください。

Page Top